学歴社会であるために

日本でも、少しづつ学歴社会から実力主義の社会に移行しつつあります。
しかし、残念なことにまだまだ学歴というものは効力があり、この先も完全になくなることはまずないでしょう。
何故、このように学歴が重要視されるかというと、一番わかり易い指針だからです。
面接をしたところで、この人が仕事をどの程度理解出来るかの判断は非常に難しいものとなっています。
しかし、学歴があれば、この程度は理解出来るだろうという予測を立てることが出来るのです。
そのため、学歴というのは最も簡単に人を測れる経歴なのです。
特に新卒であれば、学歴というものは非常に重要です。
中途採用ならば、同じ業種だった場合どの程度出来るかの把握はし易いですが、新卒は基本的にそのような判断は出来ません。
また、中途採用は即戦力を期待して、新卒は将来性を期待するものであるため、採用の内容が全く違うのです。

中学生や高校生というのも、いつかはこのような就職戦争を経験するのです。
そのため、中学生や高校生の間から勉強をしっかりするというのは間違いではありません。
塾、家庭教師、通信教育というものがありますが、最近では通信教育が注目されています。
何故かというと、通信教育が一番料金が安く、住んでいる場所を選ばないからです。
高校生や中学生の間に塾に通いたくても、近くに塾が無いのであればどうしようもありません。
家庭教師も、一部の離島等では断られてしまいます。
そのため、高校生や中学生が学校以外で勉強するには、通信教育が一番ベターとなるかもしれません。

関連リンク

英語力が身につく英会話スクール@日米英語学院
人気の学習塾を選ぶなら-個別指導塾スタンダード

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • カテゴリーなし